上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボーゼンと、返済と育児に追われる日々。
『陽だまり』店は、マサトが連れて来た高いアルバイト代の女の子が思った様には働かず、とうとう大赤字を出し始めた。

車のローンが落ちなかった。

自転車操業に陥っている。

あっミルクが無い。

ミルク代が無い。どーして、・・・・

「ミルク代が足りないんだけど、お金足して頂戴」
「金なんかねーよ。ホラよ」
と財布を投げた
「中はいってないけどな」
吐き捨ててゴルフに出かけた。

真っ暗。

桃子の貯金は、土地購入の頭金に全部使ってしまったので0だった。

マサトは、1号店の回転資金の予備だと言って、1銭も出さずに残金は借り入れを組んだ。
現金は、雅人にしかない。

思考、停止した。・・・

現金は雅人が持っている。
売り払うはずの不動産も雅人が握っている。


雅人はベンツでゴルフ。・・・
きれいな家つきの店と、膨大な借金と幼子が二人。
家は、資金援助した義理父の名義になっている。土地は共有だ。
ココを売り払って、返済する事もできない。

毎日。今日の事だけ。目の前の事だけ考えて、生きた。
明日の事が考えられなくなっていた。

どうしよう。ジャ無くて・・・なんで????????

とにかく、あんな高いアルバイト代は払えない。自分で働き始めた。

私って、虐め概がありすぎるらしい・・・

雅人の愛人から電話がかかってきた・・・毎日・・・。

つづく・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://moraruhara.blog80.fc2.com/tb.php/10-492838f5


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。