上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうにも経営と生活に困って、止めてもらったアルバイト。

「皆、お前の事を恐れているんだ。何であの人にあんな言われ方しなくちゃいけないんですか?って、俺も引き止めるのに苦労してたのに、俺の苦労に泥を塗りやがって。皆。お前の事が嫌いなんだよ。少しは、くちのききかたを考えろよ。」
「おまえ中心に世界が回ってんじゃないんだよ。せっかく俺が世話してやったのに。感謝がないんだから。最低だ。もう。誰も相手にしてくれないだろうよ。」

「何で黙ってんだよ。悪いって気持ちが無いのかよ」

私は、人に面と向かって言い争いをした事が無いのです。
愚痴は言いますが、・・・・
黙ってしまうしかないんです。言い返せないんです。

雅人が高給で雇ったから、働きが悪いのに、お客さんの評判が悪いのに
給料だけは、最高レベルだった。『雅人が社員教育してよ。』って云ったら。『ダメか、結構他の奴からもヘンな奴と云われているんだよな。止めちゃってもいいから、注意しろよ。』と言って、また、逃げた。

何とかならないかな?と思って注意したけど、自分が悪者にならないように逃げたわね・・・・

しかしアルバイト一人止めさせた事で、ここまで言う?
納得はいかなかったが、
その剣幕に、やっぱり参った。

でも・・・雅人が・・やめてもいいから注意しろって、言ってたよね?!・・・・了解済みだったよね。
もう、混乱して、何が良くて何が悪いか解らない。

イヤイヤながら言うとおりにやってみて、何で皆が私を相手にしなくなるんだろう・・・
私は、非常識?自己中だって?・・・どうして?
言うとおりにやったのに、何でボロクソに怒鳴られるのか?

弱り目に祟り目・・・
夜中に電話がなった。

雅人はまだ帰ってない。

つづく・・
スポンサーサイト
ボーゼンと、返済と育児に追われる日々。
『陽だまり』店は、マサトが連れて来た高いアルバイト代の女の子が思った様には働かず、とうとう大赤字を出し始めた。

車のローンが落ちなかった。

自転車操業に陥っている。

あっミルクが無い。

ミルク代が無い。どーして、・・・・

「ミルク代が足りないんだけど、お金足して頂戴」
「金なんかねーよ。ホラよ」
と財布を投げた
「中はいってないけどな」
吐き捨ててゴルフに出かけた。

真っ暗。

桃子の貯金は、土地購入の頭金に全部使ってしまったので0だった。

マサトは、1号店の回転資金の予備だと言って、1銭も出さずに残金は借り入れを組んだ。
現金は、雅人にしかない。

思考、停止した。・・・

現金は雅人が持っている。
売り払うはずの不動産も雅人が握っている。


雅人はベンツでゴルフ。・・・
きれいな家つきの店と、膨大な借金と幼子が二人。
家は、資金援助した義理父の名義になっている。土地は共有だ。
ココを売り払って、返済する事もできない。

毎日。今日の事だけ。目の前の事だけ考えて、生きた。
明日の事が考えられなくなっていた。

どうしよう。ジャ無くて・・・なんで????????

とにかく、あんな高いアルバイト代は払えない。自分で働き始めた。

私って、虐め概がありすぎるらしい・・・

雅人の愛人から電話がかかってきた・・・毎日・・・。

つづく・・・

3回目の妊娠

浮気垂れこみ電話事件は、相当やられた。
なのに、お腹に赤ちゃんが宿ってた。

こんな時に・・・・
2軒目の店はまだ起動に乗ってない。
いそがしさにまぎれて、エンジョイしまくるマサト。

歯を喰いしばった。
こんな事で、くじけるもんか・・・

思う壺・・・だった・・こいつイジメ概があると思ったことだろう。ますますエスカレートする。

大きくなるお腹を見つめて、カーテンから差し込む光に照らされている途方にくれた桃子がフラッシュバックする。

生まれる直前まで店に居たが、さすがに一人アルバイトを入れてしのいでた。
雅人に店を頼むと、週2で来てくれた。
そろそろ1軒めを売って、借金を返し、この『陽だまり店』を盛り上げようよ。と、云ってみた。
最初の約束は知らん振りで、再び、私の居ない店を思い通りに動かして雅人なりに働いていた。
もう、これ以上できないよ。SOSだった。
出産で思うように働けなくなった桃子担当『陽だまり店』の収支は0になった。
その年、桃子の収入は0。税金も0。
雅人はさっさと私の給料を出さなくなったので、税金が増えた。
マサトが鼻で笑った。
「おまえ、俺の所で働いた時のほうが金になったじゃん」

何?
私の頭は混乱した。
『陽だまり』店で、家族4人仲良く暮らそう。の計画じゃなかったの?

私は、またまたここで大間違いをしでかした。

店が2軒

2人目を妊娠した。
でも、育たなかった。妊娠と同時にかゆみがあったのは変。
雅人に性病を移された事に気づいたのは、もっと後の事。それはいずれ書くけれど・・・・

やっぱり、女はライフサイクルに影響されるから仕事に差し障る。

安い物件を探した。
雅人は気に入らない。

土地から買うことになった。

結局高くついたが、1軒目の売却で、借金は穴埋めされる予定だった。

生活費は、2軒目が起動に乗るまで、1軒目のあがりを当てにした。

借金が倍増した辛い移行期。ガマン・ガマン。っと、思っていたのは私の勘違いだった。

雅人は、愛人同伴で、ゴルフに2泊。垂れ込み電話が入った。
追求すると、友人だ。部屋はシングルだ。○美も迷惑がっているよ。俺達被害者だよ。○美を好きな男が居てそいつが女を使って垂れ込んだんだ。

と、うそぶく。自分が被害者だと云う態度を貫く。

ところが、私は大間違いを犯した。
子供の為と、でっかい借金の為、これ以上雅人を責められなかった。
又、ガマンした。
でも、どうしたって苦しい。
雅人は、ほくそ笑んでたんだ。

後悔デ・・・・フラバル・・・・

お店があれれ・・

何だか歯車が狂い掛けて、妙に気を使うようになっていた。

「帳簿をみてくれないかな・・・」雅人が言った。
店から完全に手を引いて8ヶ月。さすがに1人で切り盛りするのは大変。ベビーシッターを頼んで、店に出ようとすると、毎回シッターさんが変わったり、ミルクの分量を間違ったり、息子も殆ど母乳だったから、ミルク嫌いだったりで、安心できない。
友人が、保育園を紹介してくれて、安心して預けられたけど・・・
保育代が8万かかった。
店に復帰してみると、みんなの動きが悪くて、効率が悪い。お客の数は変わらないのに、売り上げが減っている。経費だけはぐんぐん上がってる。???若い女の子が一人増えている。
これじゃー苦しいはずだ。
従業員教育からやり直して、効率を上げる。使う材料を吟味して、経費を抑える。勝手に従業員は首にできないので、売り上げアップを目指す。
って、後から気が付いたけど、頑張りすぎた。
雅人が経費を大きくした分を補う利益を出すには、シャカリキニ働いてやっとだった。
働く限界と、利益率の悪さに今更気付いた私は、効率よく働ける職住一致の有望物件に店替えすることを思いついた。

平たく言えば、わずか8ヶ月で傾きかけた現状に、専業主婦になることをあきらめた。店の売り上げの伸びより、雅人のやりたい放題の経費負担の伸びの方が大きく上回っている。
この店は、良い店だけど、私たちには向いてない。仕事はあるが、利益が出ない。
この店は良い店だから高く転売できる。プレミア物だ。やりかたに拠ってはこの店はもっと大きくなる。でも、雅人では、生かせない。
雅人の経営能力に疑問を持った。・・・初めて。

真剣に考えて、提案したけど。
結局大変な事が起こった。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。